プレスリリース

新型コロナウイルスによる休校措置の学校の卒業式を『OKWAVE GRATICA』にて支援

“ありがとう”が生まれる機会である卒業式の思い出にオンラインサンクスカードサービスを提供

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:松田 元)は、新型コロナウイルスの感染拡大による全国一斉の臨時休校措置のために、卒業式の中止・縮小を余儀なくされる小学校、中学校、高等学校その他の教育機関に向けて、オンライン上で“感謝”の気持ちを送り合うことができる無料サンクスカードサービス『OKWAVE GRATICA』を用いた支援を期間限定で実施いたします。

https://thanks-economy.com/gratica/graduation/


OKWAVE GRATICA(卒業式支援)
卒業式は卒業生や保護者らにとって一生の思い出であるとともに、たくさんの「ありがとう」が生まれる機会です。このたびの取り組みは、『OKWAVE GRATICA』を無償提供し、学校単位のオンライン上で、お手持ちのPCやスマートフォンからサンクスカードを送り合うことで、“卒業”ならでの特別な感謝の気持ちを伝え合うことができます。卒業生同士、卒業生から先生へ、先生から卒業生へ、在校生から卒業生へ、保護者から先生へ、といった卒業式に即した設定を行って利用いただけるようにします。
本取り組みは、日本全国の小学校、中学校、高等学校その他の教育機関を対象に、本年4月30日までの期間限定での提供となります。

国や自治体、さまざまな公的機関が一丸となって、新型コロナウイルス感染症への対応・対策に取り組んでおられます。当社はこれらの活動の支援を行ってまいります。また、新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早く感染拡大が終息することを願っております。

 

『OKWAVE GRATICA』について

『OKWAVE GRATICA』は、企業などの組織内で“感謝の気持ち”をデジタルグリーティングカードを通して伝え合うことができるオンライン上のサンクスカードサービスです。常時500種類以上の様々なサンクスカードを自由に送り合うことができ、誰がどんな内容の感謝を受けているかを組織内のメンバー同士で可視化できます。普段の行いが感謝されることで従業員満足度向上(ES向上)に貢献できるほか、売上成績などとは別軸で、周囲から感謝されている人を評価できる“新しい評価軸”として導入することができ、従業員満足向上の施策としての目標設定も容易です。
『OKWAVE GRATICA』の取り組みは一般社団法人at Will Workが主催する、これからの日本をつくる 100の”働く”をみつける5年間限定のアワードプログラム「Work Story Award 2019」において、ゲスト審査員特別賞「PERMA高いで賞」を受賞しました。

> ニュース > プレスリリース > 新型コロナウイルスによる休校措置の学校の卒業式を『OKWAVE GRATICA』にて支援