2020年2月12日

マレーシアのラブアン国際ビジネス金融センター(Labuan IBFC)にデジタル金融サービスに関するライセンス取得を申請

ラブアン発のSTO、仮想通貨取引所、決済サービス等、デジタル金融サービス事業に参入へ

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:松田 元)の海外グループ会社のOKfinc LTD.(所在地:マレーシア連邦直轄領ラブアン、CEO:松田 元)は、マレーシアのラブアン国際ビジネス金融センター(Labuan IBFC、以下「ラブアンIBFC」)に、デジタル金融サービスに関わるライセンス取得の申請を行います。本ライセンスの取得後、OKfincではデジタル金融サービス事業に参入する考えです。

このたびのOKfincによるラブアンIBFCへのデジタル金融サービスに関わるライセンス申請は、当社グループが推進するフィンテック事業の一環として、マレーシア・ラブアンにおける当局の規制を遵守しながら、今後デジタル金融サービスに参入していくことを目的としています。今後予定しているライセンス申請には、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)、仮想通貨取引所、決済サービスなど、ブロックチェーン技術に基づいたデジタル金融サービスが含まれます。

OKfincは当社100%子会社として2017年に設立以来、ブロックチェーン技術関連のコンサルティングサービスならびに当社グループの戦略投資部門を担ってきました。また、OKfincの出資によるブロックチェーン技術を用いた戦略的開発センターのOK BLOCKCHAIN CENTRE SDN. BHD.(所在地:マレーシア・ジョホール)とあわせ、企業や団体のブロックチェーン技術導入や受託開発を展開しています。
また、当社グループは、“感謝されている人がより報われる社会”の実現を目指した「感謝経済」プラットフォームの構築を進めています。本取り組みはグローバル市場を視野に入れた「感謝経済」プラットフォームにおけるデジタル金融サービスの実現を目指す第一歩となります。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。