2014年9月30日

Q&Aサイト「OKWave」に投稿された『介護』の悩みを調査

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」に蓄積したビッグデータを基にVOC(顧客の声)分析等を実施するOKWave総合研究所にて、「OKWave」ユーザーが投稿した『介護』に関する「質問」と「回答」の内容を分析しました。その結果、介護に悩む方は適切な相談相手やケアマネージャー、施設を見つけることができずに悩んでいる様子が浮き彫りになりました。

img_201409care_of_aged今回の調査では、Q&Aサイト「OKWave」に投稿された『介護』に関する「質問」18,859件と、その質問に寄せられた「回答」64,933件、さらに回答に対する質問者からの「お礼」投稿42,410件を抽出し、多角的に分析しました(抽出期間:2000年1月1日~2014年7月31日)。
『介護』についての男女での質問傾向を見ると、男性は「保険」「施設」に言及した質問の割合が多く見られたのに対し、女性からは「保険」に言及した質問がとくに少なく、家族に関連した言及が男性よりも多く見られました。また、女性の質問には「結婚」に関する言及が男性よりも多く、結婚を考える際にも、介護の必要性が結婚のハードルの1つになっていることをうかがわせる傾向が男性よりも多く見られました。
また、質問者は回答を受けて初めて相談できる機関を知ったり、理解したりするケースが多く見られました。行政側が相談できる窓口を置いていても、相談したい人まで情報が届いていない様子がうかがえます。また、ケアマネージャーに関する相談に対する回答内容を分析すると、施設探しをケアマネージャーに頼れずに独力で解決した経験を伝えているケースが多く見られました。

オウケイウェイヴでは、「OKWave」の3,000万件以上のQ&Aデータをはじめとする投稿データと投稿者の性別や年齢などの属性データを基にVOC(Voice of Customer/顧客の声)分析等を行うOKWave総合研究所を通じて今後も社会性の高いテーマや人気の話題をはじめ、ユーザーが疑問、悩みを解決しあえる場で生まれたやり取りを調査分析し、レポートしていきます。インフォグラフィックでレポートするOKWave総合研究所のFacebookページ、また、法人向けにはより専門的な分析手法を用いた「OKWave総合研究所カスタムレポート」を用意しています。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。