2014年8月27日

Q&Aサイト「OKWave」シルバー世代ユーザーの『デジタルライフ』の相談内容を調査

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、日本初、最大級のQ&Aサイト 「OKWave」に蓄積したビッグデータを基にVOC(顧客の声)分析等を実施するOKWave総合研究所にて、「OKWave」を利用する70代以上のユーザーが投稿した『デジタルライフ』に関する「質問」の内容を分析しました。その結果、若年層はTVをPC画面で観たいのに対し、シルバー世代はPCの画面をTVに映したいなど、世代間での悩みの違いが分かりました。

img_201408senir-digital今回の調査では、Q&Aサイト「OKWave」を利用する70代~80代のシルバー世代の会員ユーザーの『デジタルライフ』に関連したキーワードを含む「質問」37,038件を抽出し、多角的に分析しました(抽出期間:2009年1月1日~2013年12月31日)。
シルバー世代の「OKWave」での質問の傾向は、全体平均と比べてPCや周辺機器などのデジタルライフ関連の質問が多く見られました。また、PC関連の質問では、20代、30代と比べてシルバー世代の質問は中古PCの購入相談と、TVに関する話題が頻出していました。さらにTVについての質問の内容を分析すると、PCの画面をTVに表示させたいという相談が多数を占めていました。20代、30代ではPCでTVを観たいという相談が多く、世代による差異が見られました。
スマートフォンについては、iPhoneを所有、もしくはiPhoneに関心のあるシルバー世代はPC購入に関する質問をしている傾向が見られたのに対し、Android端末を所有もしくはAndroid端末に関心のあるシルバー世代はPCではなくタブレット購入に関する質問をより多く行っていました。また、Android端末についての質問は「OKWave」全体では2012年をピークに2013年は減少に転じていましたが、シルバー世代では質問数が続伸していました。
ブログ/SNSについては、「OKWave」ユーザー全体と比べ、シルバー世代ではTwitterやFacebook、LINEなどのコミュニケーションに重きの置かれたSNSに比べ、ブログに関する質問が圧倒的に多く見られました。質問内容はブログの編集、画像挿入、アクセス解析など、自分のブログを運用している方からの質問が多い傾向となりました。

オウケイウェイヴでは、「OKWave」の3,000万件以上のQ&Aデータをはじめとする投稿データと投稿者の性別や年齢などの属性データを基にVOC(Voice of Customer/顧客の声)分析等を行うOKWave総合研究所を通じて今後も社会性の高いテーマや人気の話題をはじめ、ユーザーが疑問、悩みを解決しあえる場で生まれたやり取りを調査分析し、レポートしていきます。インフォグラフィックでレポートするOKWave総合研究所のFacebookページ、また、法人向けにはより専門的な分析手法を用いた「OKWave総合研究所カスタムレポート」を用意しています。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。