2014年8月20日

OKWave総合研究所、MMD研究所との共同調査を開始

株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)が運営する日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」に蓄積したビッグデータを基にVOC(顧客の声)分析を実施するOKWave総合研究所は、MMDLabo株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:吉本 浩司)が運営するスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を公開する「MMD研究所」との共同調査を開始し、その第1弾として「スマートフォン」における携帯ショップに関する共同調査の結果を公開しました。

「スマートフォン」における携帯ショップに関する共同調査では、MMD研究所がスマートフォン所有者を対象に「キャリアショップに関する調査」を実施し、その調査結果をもとにOKWave総合研究所にてQ&Aサイト「OKWave」のサイト内に蓄積された質問投稿のテキストデータの中から、「ショップ」「店舗」「量販店」のキーワードを含む4,532件を抽出し(期間:2009年6月1日~2014年5月31日)多角的に分析しました。

主な分析結果は以下の通りです(詳細:https://mmdlabo.jp/press_release/detail_1332.html)。

● 生活者の不満点として「料金プランのわかりにくさ」があり、ショップで直に聞いても理解できないケースも見られたことから改善の余地は大きいと思われる。

● ショップ店員の対応について、店舗間での比較をしている生活者がいるなど、些細な違いが問われるケースは多く、顧客満足度を向上させるためには統一マニュアルなどが必要であると思われる。

● 質問者からの店員に対する意見はどこか1社のみでの経験に基づいているものが多いのに対し、回答では2社もしくは3社での経験から意見を述べているものが多かった。

● MNPなどによる乗換え理由では、通信速度やエリアなどではなく乗換えの優遇など、料金に関するものが最も多い。

● データ移行時に個人情報の取り扱いについて敏感に反応している生活者も見られることから、よりいっそうの配慮が必要であると思われる。

OKWave総合研究所では、今後もMMD研究所とのスマートフォンに関連した共同調査を通じて、生活者が疑問、悩みを解決しあえる場で生まれたやり取りを調査分析し、レポートしていきます。

MMDLabo株式会社(MMD研究所)について
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は2006年9月に設立し、モバイルに特化した調査研究機関です。
モバイルインターネット業界の市場成長と共に、携帯キャリアの満足度、携帯端末のシェア、モバイルコンテンツ市場動向、モバイルコマース調査など、モバイルビジネスに関する消費者動向を調査、発表しています。既存でビジネスを営む事業者や新規参入する他業種に向けて発表する調査データは無償でオープンに公開しており、業界発展に寄与することを運営ポリシーとして掲げています。
昨今ではiPhone、Androidをはじめとするスマートフォン市場のグローバル化、タブレット端末やウエアラブル端末などのハードウェアの多様化、Twitter、Facebook、LINEをはじめとするソーシャルメディアの台頭、エンタープライズ分野でのモバイルの重要性や教育IT化、ヘルスケアのアプリブームなど、モバイル分野はインターネットビジネスにおいて最も重要な時期にきています。
MMD研究所はトレンドの先にあるモバイルユーザー市場の変化、インサイトの変化をいち早くリサーチし、広く業界に提供することで国内NO1のモバイル調査機関を目指しています。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。